雑貨ウォッチ腕時計/DIESEL DZ-1029電池交換修理

DIESEL DZ-1029電池交換です。綺麗な腕時計ですね・・・・

ガラスのこの部分が上下に広く帯状になっていまして、プリントガラスになっています。

そして上側はガラスにプリントでは無くステンレスのケースで広帯状になっています。

これどちらが欠けてもバランスの悪いデザインになりますが。なかなか良い感じですね。
そしてサイドから見たら分かりますが”カーブガラス”ですから、これ割ったら交換は不可です。このDIESELって腕時計を作っている会社が”専用パーツとして用意してくれていたら交換できるでしょうが、持っていても私の店では取り寄せが出来ないですから断るしかありません。

ガラスがカーブしていたり、プリントになっている腕時計は見栄えは綺麗ですが、割ったら大変であることを覚えておいてください。

三つ折れプッシュバックル。裏蓋は”はめ込みタイプ”

ベルト調整は割ピン式ですね。開け口は非常に分かりやすく。

 

 MIYOTAムーブメント。電池交換で問題なく動きます。このDIESELの腕時計ですがこんなパターンもありますから注意が必要です。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る