腕時計修理の質問集/プリントガラスの交換

プリントガラスは交換は出来ますが妥協が必要。

さて、質問の前に”プリントガラスってどんなガラス?”の紹介ですね。

写真はプリントガラスの腕時計ですが”カットガラス”でもあります。
こういった腕時計のガラスを割った場合は、普通の平ガラスでは雰囲気が変わります。
ガラスは既製品では有りません。よってメーカーに注文するしか無いのです。

ところが”雑貨ウォッチ”の場合はガラスのみ等”部品管理”はされておらず。
注文さえ出来ません。

ところで、この写真ガラスが割れているのが分かりますか?。
これプリントガラスの解説には割れたガラスの方が分かりやすいので探しだしました!

いわゆる時計屋の”ガラ箱”ってやつですね。
ちょうど2箱目でみつかってラッキー。
このガラ箱の腕時計も半分は動く時計ですがベルトが修理不可であったり
修理代を掛けるなら買い換えとなった物です。
機械時計のガラには結構値打ち物があったりしますが
クォーツガラは今のところ値打ちの有る物はありません。
しかし、この”サイトのネタ”としては面白い物が結構あったりします(;^_^A

この位置で見ると綺麗なカット面と”割れ”が良く分かります。
この腕時計は雑貨ウォッチで実売¥5000くらいの腕時計でしょう。
ガラスの説明をする為に、先ずはムーブメントと文字盤を取り出します。

するとこうなります。おや?ガラスって透明では・・・?
これがガラスのみの写真です。カットガラスですから厚みがあります。
このガラスの外し方ですが、接着剤(特殊な)で留まっていますが
ヒーターで60°くらいに熱して3分も経てば裏側から指で押して簡単に外れます。

このガラスを裏側から見るとこの様に、ガラスの周辺が帯状に黒く塗ってあります。
この塗ってある感じが、割れたガラスの方が分かりやすいのです。
黒く塗ってあるので”ペイントグラス”の方がピッタシ来ますが。
何故か”プリントガラス”と言いますね。

こちらケース側ですがガラスを外して驚き!何と両面テープで留めてあります(;^_^A。
さすが雑貨ウォッチですね。これでも問題は無いですがテープでは防水性に難あり。
ガラスの接着と防水についてはこちら
さてテープを綺麗に掃除するとこうなりますが、このまま普通の平ガラスに交換すれば。

元がこのデザインの腕時計がこうなってしまいますね(;^_^A。

ちょうど黒い帯(プリント部分)が、ケースの銀色の部分を隠していた訳です。
この黒い部分に金色の文字でブランドロゴが入っている物もあります。
その場合は既製ガラスでは全く値打ちが無くなります。
またこのプリント部分は”黒”に限らず金色の場合やグリーンなどの場合もあります。

もっとも、平ガラスのプリント無しへの交換でも”雰囲気が変わって良いじゃん!”
って方には止める事はいたしませんが。おまけにもう一つプリントガラス↓


こういった腕時計も典型的なプリントガラス。雑貨ウォッチで実売¥3000くらいか?

これを使用することで腕時計をベルトと本体にデザインで区分けすることなく、
トータルのブレスレット感を出す事が出来ます。
この様に、ラグ足の延長線上のガラスに金色のラインをあしらう
ことによって一体感を出してあります。

そしてカーブガラス。ムーブメントを取り出してケースのみを見ると。

こうなります。裏側から見ると○の位置に黒く塗った所が見えます。これなどのガラスを壊したら、プリントですしカーブガラスですから既製品は無しです。

 

雑貨メーカーに送れば修理はしてくれますが、実売¥3000くらいの腕時計に
修理代¥3000を掛けるか?といった判断になります。

腕時計修理の質問集トップに戻る