腕時計の修理の質問集/GUCCIのベルト修理

ここではブランド時計GUCCIのベルト修理を解説です。両開き無垢バックルタイプ。

途中のコマが壊れました。○は「割りピン」の先端が覗いております。
□は本来は抜けないピンです。
右が手持ちコマと部品ですが、使えるのは○の部品のみ。
もし「余りコマ」が無ければ修理は出来ないパターンですか。
メーカーから部品を取り寄せるとなると¥3.000くらいは掛かるでしょう。

外すとこうなります。先ずは壊れた部分を取り外します。

もう片方はこうなってますから。ここに、先ほどの手持ちコマを取り付けます。
ただし1個分。ハイ!完了。如何ですか
。やはり腕時計を買った時に外した「余りコマ」の保存は重要ですね。

 

腕時計修理の質問集トップに戻る