雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTI電池交換

雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTI

雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTI電池交換です。雑貨ウォッチらしい大胆なデザイン。

雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTI文字盤雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTIベルト

クロノグラフ仕様の本格的。ベルトはプッシュ式無垢バンド。電池交換の為にはベルトを開かないと作業が難しくなります。この腕時計のベルトの開き方はバックルから外します。方法は一番下のリンクから「バックルの外し方」をご覧ください。この腕時計のベルト調整をされる方は「割ピン式」をご覧ください。

雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTIベルトサイド雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTIベルト裏側

ここがバックルを外す位置です。ベルト裏側には割ピンを抜く方向が刻印されています。

雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTI割ピン雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTI裏蓋

こうやって見ると「割ピン式」であるのが分かります(詳しくは下記リンク”割ピン式の判別”でどうぞ)裏蓋はスクリューバック。ただケース裏側の腐蝕の仕方はやはり雑貨ウォッチです。

 

雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTIムーブメント雑貨ウォッチ腕時計/MICHELOTTIケースサイド

これがムーブメント。特筆は無しですね。この写真を見るとベルトの取り付け部がフィット管になっていますからオリジナルではなく既製バンドですね。

雑貨ウォッチはデザインは大胆ですが、腕時計としてのケースの仕上げや性能・機能の維持という事は考えては作られていません。しかし、だからこそデザインでは楽しめる物が作る事が出来ます。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る