セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300電池交換修理

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300電池交換修理です。
さて電池交換ですが、この写真で見ても汚れが凄い!
はたして動くのか?ついでにベルト交換もですが
それは「ベルト交換」コーナーで別解説です。
この様にブレスレット風に一体に見える腕時計。

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300汚れセイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300ラグ部

凄い汚れ。これは交換で良かった。ベルトの汚れも凄い。
このラグ部の爪が一体式の様な雰囲気を作りますが。

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300ベルト外し

外れた方を見ると爪の溶接が剥がれています。
これは修理は不可、交換するか専用ベルトの注文しかありません。
ただ専用となるとおそらく「¥10.000」は必要でしょう。
そこで既製品への交換となりました。先ずは電池交換。ベルトを外して準備OK。

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300裏側セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300開け口

最低限の汚れは落としてから作業に入ります。ここが開け口(11時、位置)

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300オープンセイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300竜頭外し

想像通りの内部です。でもムーブメントにダメージは無いようです。
このままでは電池交換は出来ますが裏蓋を閉めるときに埃が入りますから
ケースの掃除の為にムーブメントを取り出します。
先ず竜頭を抜いてみますが、やはり凄い状態になっています。

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300竜頭

とにかくは掃除するしかありません。竜頭の裏側もこの状態。

これでムーブメントを取り出しました。パッキンが効いてケースの内側は綺麗なものです。

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300ケース掃除

先ず竜頭パイプ周りを掃除しましたが、素材がステンレスでステンそのものが腐蝕しています。これが超硬質ケースなら錆びる事も少なく湿気に強い訳です。
その様子はこちら。”セイコー腕時計Dolceドルチェ8N41-5140電池交換修理”でどうぞ。
ケースの裏側がまだ腐蝕は始まっていません。

 

セイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300ムーブメントセイコー腕時計(SEIKO)メンズ9020-5300裏蓋表記

掃除したところで電池交換完了。”10bar”表記はないですがこれだけの汚れ方でも内部は綺麗!

さて、この腕時計のベルト交換は
こちら”腕時計ベルト交換実践例/SEIKO9020-5300メンズ1”でどうぞ。

セイコー腕時計電池交換トップに戻る