雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチ電池交換修理

雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチ

2005/9/9の掲示板からですが。電池寿命のことでうかがいたいのですが・・・。
一年経たずに電池が切れてしまう腕時計があるのです(電池寿命の表記はないです)、こちらのHPでは「回路異常」や「湿気」などが原因として紹介されていますが、この時計ほとんど装着してないんで湿気とか無縁そうなんです。
はめ込み式なんで、自分で電池交換してますがムーブはいたってきれいです。回路異常かな?とか思いましたが、一つ気になることがあります・・・ムーブに対して時計がとにかく大きいんです(^^;;ええ、そりゃもう4トントラックに軽のエンジン積んでるくらいに(笑)ムーブはこちらの電池交換のコーナーでもちょくちょく出てくるMIYOTAの小さいムーブなんですが、時計のサイズが直径40ミリ越えてます、当然ですが針も長くて極太でして。
素人考えなんですが、小さいムーブで大きい針を動かすとなると燃費が悪いのかな?なんて・・・。
そんなことってあるのでしょうか?

++ クー
こんにちは、毎度ですね!(^_-)-☆。さて回答はまさしく”ありえます!”。それで1ページ作ってしまった(;^_^A。こちらです!


なるほどー!やはり電池が早く切れるのは「でかすぎ」でしたか・・・(−−;;ページまで作って頂いてよくわかりましたm(..)m
いや、裏蓋開けたとき悲しくなりましたから・・・あまりの情けなさに。
是非雑貨時計のコーナーに載せて欲しいです(笑)
ちなみにあまり使ってないですが、ベルトはちぎれてるし、メッキは剥げまくりです、恐るべし雑貨。

++ クー
開けたときに悲しくなる・・・その気持ちわかりますね〜!ぼくら自分の腕時計ではなくても、そういうの開けたときに「何じゃこりゃ!」この大きさでたったこれだけ?って欺されたような複雑な心境になります。是非写真送って頂けたら紹介しますよ!

ってところで写真が届きました!早速掲載ですね。

雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチ雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチロゴ

ほぉ〜う。海軍航空隊ですか・・・凄いネーミング!大胆、さすが雑貨ウォッチです。碇のマークまで・・

雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチ竜頭雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチ裏蓋

竜頭は菊の御紋をあしらっています。裏蓋の大胆な記載も、軍用ウォッチの雰囲気が出てアンティークで良いですね〜。

雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチ開け口

さすがにこの写真を見ると雑貨ウォッチで有ることがハッキリ分かります。まず裏蓋とケースの噛み合わせが雑、次にバネ棒の入る穴がかなり浅いですそれも垂直に穴が空いていなく、ドーム状にえぐってあるのみです。これではベルトを捻っただけでも外れやすいです。普通は垂直に1mm以上は深さがあります。

でわ。そのデカイ裏蓋を開けてみると。

雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチムーブメント

ほんとスカスカ(;^_^A。このMIYOTAムーブの大きさからこの腕時計は如何に大きいか!想像が出来ます。それにこの竜頭です!MIYOTAムーブのサイズが”18mm×13mm”ですから、そのサイズから竜頭を想像するとかなりのデッカイ竜頭ですねぇ〜。度迫力。このムーブに入ってる電池はSR626SW。これはこの電池交換コーナーの腕時計の電池についてでも触れましたが。626の意味は直径6mmです。それよりもデカイ訳ですからシャツのボタンくらいの大きさですか。

 

その度迫力な雰囲気から開けて、このムーブでは確かに・・・ガッカリ。(;^_^A

普通MIYOTAムーブとケースの割合は。メンズウォッチでも、このくらいですから。

雑貨ウォッチ腕時計/海軍航空隊ウォッチ針

それにこの、大きな針では・・・あまりにも負担が大きいでしょう。

ちなみこの写真(左側)は「CANDINO」と言う腕時計ですが、右が普通のメンズウォッチです。大きさを比較したら分かりやすいですが。おそらくこの航空隊ウォッチと同じくらいの大きさです。この腕時計を開けて見ると

ケースとムーブメントの大きさの割合は、この程度になります。でも、性能を無視した設計が出来るのも雑貨ウォッチの面白い所でもあります。皆さん、もし”開けてみたらこんなだった!”写真がありましたらドシドシ投稿宜しくお願いいたします。それで1コーナー出来たりなんかして・・・カナブン様、投稿有り難うございました。m(..)m同じスカスカでも、こちら雑貨ウォッチ腕時計/Body MAX電池交換修理も凄い。

「雑貨ウォッチ腕時計の電池交換修理」トップに戻る