聞いています

2004年8月7日

おばあぁちゃんがやってきて、時計を3つ出しながら。

「おにいぃちゃぁ〜ん!これ、電池かどうか見て。」
と、言いながら手提げ袋から時計を3つ出してきますが、腕にも時計が。

「ハイ、どうぞ!その腕に着けていらっしゃるのはよろしいのでしょうか?」

「ええ??。出来ないの?」(聞こえて無いようですね。(;^_^A )

「いえいえ、では3つお預かりしますね」
約5分(簡単なものばかり)3つの交換を終えて。 大きな声で!

「ハイ、どうぞ。どれも電池で大丈夫ですよ。故障では無いです」(ニコッ!(*^^))

「ああ、そう。良かった!故障やなくて」時計を袋に入れながら。

「ありがとう。お世話様でした。」

「いえいえ、どういたしまして。良かったですね。故障じゃなくて」
と言うと。支払いをしないで、そのまま帰って行く・・・お年寄りはよくあります。

「あのぉ〜、まだ御代金が済んでいないのですが。(;^_^A 」

「はぁ?」

「御代金!」( 大きな声で)

「あ〜、やっぱり、手間賃は要るんやね」

「はぁ?手間賃やなくて、電池代ですが・・・」

「電池代って?・・にいちゃん換えたの?」(☆。☆)

「はぁ!。もちろんですが?」

「わたし、故障かどうか見て欲しかった、だけやのに〜」(☆。☆)
確かに言ったのは「電池かどうか見て?」だが・・・漫才ネタやないで!ほんまに。こうなったら交換で納得してもらうしかないか?

「でも、時計は動かしておかないと、機械の調子も悪くなりますが・・・」

「ええのええの、また使う時に動かすから。ちゃんと外してよ」 (;_;)
で、結局は入れた電池を外すハメに。ばあぁちゃん帰りながら。

「ほんま、せっかちな、にいちゃんやわ。人の言う事聞いてないんやから、耳が遠いんかいな?」

「オイオイ!あんたに言われたないわぁ〜〜〜〜!」

一気読み次は「分かってたのね」へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」