合っていない!

「2005年4月7日」 

50代くらいのビジネスマン風の男性が来店されます。

「すみません、この時計見せてくれる」

「ハイ、いっらっしゃいませ!こちらの時計ですね」と、差し出します。

「これは”ソーラー”って書いてあるけど、どういう意味?」

「つまり”光”で動きますから電池交換が要らない時計ですね」

「ほぉ〜、それは便利だね。ではそれにしましょう」即決ですね、こういった方も珍しい。こういった方ばかりなら接客も楽で良いですねぇ。

「ではもう腕にはめて行かれます?」

「そうだね、箱も要らないわ」

「では、このままどうぞ」(楽で良いわぁ)

「ところでこのカレンダーが”29日”になってるけど何故?」

「ああ、それは合わせて無いだけですから。合わせておきますね」

「ちょっと!それ待ってよぉ〜」

「はっ?」

「時計屋さんでね、合っていない時計を買えると思う?」

「はっぁ〜?、いや・・合わせれば済む事ですが・・」

「何言ってるの。って事はそれ時間も合っていないの?」

「はぁ・・秒までは合っていませんが」

「ほぉうら、そんな事、言うだろう。ダメだよそんなのは」

いったい・・・時計に対してどの様な認識・・・?

「普通は秒まで合わせている時計やさんも少ないと思いますが・・」

「何、言ってるの。クォーツでしょう。それはおかしいよ」

「・・・・・」(って事はと陳列商品で、秒まで合っていれば良いのか?)

「では、これなどは如何でしょうか?秒まで合っていますが」と、電波時計を差し出します。

「これなら秒までピタリと合っていますが」

「ほんとうに?」

「ハイ、ではこれで如何?」と電話をオンフックで117番。ぴっぴっぴっぃ、ポ〜ン!

「ほんとだ!ピッタシだね、これたまたま合っていただけ?」

「とんでも御座いません。狂わない時計ですから」

「ほう良いねぇ、では、それにしよう!もう着けていくわ」とお買いあげ。

こちらは2万円の予算が5万円になったので。

楽で良いわぁ〜!

でもそのお方、電波時計が無ければ購入出来る時計が無かったのでは・・・・

一気読み次は「早くして!」 へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」