ガラス換え

「2005年5月24日」 

朝、開店の準備をしていると70代くらいと思われるおじいさんがやって来ます。

「まだ店は開いていませんか?」

「いえいえ、結構ですよ。で、ご用件は?」

「ガラス換えてほしいのやけど」

時計は5000円くらいの雑貨ウォッチ。
「それでは、お預かりになりますので、こちらにお名前を」

「えっ、すぐに換えてよ。なんで預けるんや」

「はぁ、ガラスの交換は接着されているのを外してから、また新しいガラスを接着しますので、すぐには無理ですが」

「 そんな事無いわ、時計のガラスってその場で換えるものやで」

※ 確かに昔(1970年頃迄)は、時計のガラスはプラスチックでした。それに当時は接着はされている訳でもなく、専用の工具で摘んで外していましたし、大きさも大体決まっていました。もう今の時代、クォーツの時計でプラスチックでもない”ガラス”の交換は職人さんが居るところでも1日はお預かりですね。

「あの〜、最近は昔のガラスの様に摘んで外してって物ではないのですが」

「そんな事ないわ。こないだ換えた時はすぐにしてくれたで。」

「そんなはずは無いのですが”こないだ”というのは一体・・・何時・・?」

「そりゃぁ・・・息子が高校の時やったかな・・・?」

「あの〜、息子さんは今、おいくつで?」

「ええ・・・50は超えた・・・って事は・・・」

「もう30年以上になるのでは・・・」

「30年いうてこないだ言うか、前に換えた時はすぐにやってくれたで。それに確か300円くらいやったで」

「300円(☆。☆)、あの〜今はガラスって3000円〜4000円はしますが」

「えっ、こないだ換えとき300円で、次に来たら10倍になるんかいな」

だからじいいさん。今迄タイムカプセルにでも入って

時が止まっていたんかいな。( ̄○ ̄)

一気読み次は「これがこうで」 へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」