セール中

「2006年5月」 

2006年5月末でいよいよ店じまいして実家を継ぎます。よって今は「店じまいセール中」ですが、過去の経験から安売りをするとスーパーという場所柄とんでも無い人が増えて来ます。

イチイチ列挙しきれないくらい。

多いのは買うでもなく、買わないでもなく長く店に滞留する方。特に私の近くをウロウロされると、こちらがパソコンに集中できず落ち着きません。いくら何でも近くにお客様が居るのに無視してキーボードを叩けない訳です。

次は値切る人、次に時計の電池寿命を気にして店に在庫した期間を聞く人、次がしつこく確認や説教する人ですか。

もっとも普通のお客様が一番多いのですが、セールをすると、そういう人が集まって来ます。

先日もそんな方が・・・階段の方からこちらを、にんまり見ながらゆっくり近づいて来ます。こちら初めての人でも、そぶり”で瞬間に分かります。50代後半くらいの男性。

「時計貰おうか・・・・」

と、腕時計でもなく掛時計でも無くキョロキョロ。

「どうぞ、ごゆっくりご覧下さい」

と、後は別のお客様に集中します。出来ればそのまま無視されたと思って帰ってくれた方が有り難い。と思いきや!

「ところで兄ちゃん、いったい、この店の時計はどれが合ってるんや?バラバラやないか」

「はぁ、動かしている時計は電波ですから正確ですが」

「どれが動いているんや」

見たらわかるだろうOo。。(_ _))

「これですが」と指で指します。

「それは見たら分かるやろ」

だったら聞くなよOo。。(_ _))

「おれが言いたいのは、何で皆、動いてないんや?と聞きたいんや」

「セール中ですから、一部しか動かしてないのです。」

「そんなこっちゃ、買われへんやろ」

なんでやねん!Oo。。(_ _))。

それでなくても他のお客様もこちらをジロジロ。

「腕時計も皆、バラバラやな・・・これなんか止まってるがな」

「それ自動巻です」

「・・・・・」

今度は「半額」の張り紙見てから。

「ところで半額の商品ってどれや?」

「サングラスですが。時計は今3割引です」

「ほぉ・・・・、あれ!老眼鏡も半額って書いてあるやんかい」

「あぁ、それも半額です。」

「だったらサングラスと老眼が半額ですって、ちゃんと言わんかい!」

「いやぁ〜、気が付きませんでした。申し訳ございません。m(..)m」

今度はサングラスを掛けだして・・・・しばらく経過。

「これ”AかC"か、どっちや?」

「はぁ?AかC・・・?」

「知らんのか!?UVカットでも”UV-AとかCとかあるの知らんか!」

「知りませんねぇ〜」

「知らない!?メガネ屋のくせに・・・」

「ほんと、何も知りませんから。UVってその後に付くものなのですか?」

「メガネ売っててそんな、事も知らんの!?えっ、あきれるわ」

「ハイ、まったく。申し訳ございません。」ニコッ!(*^^)

「・・・・・」

「申し訳ございません。申し訳ございません。って、あんた時計の時間はバラバラやし、商品の知識は無いし商品の値段も覚えて無いし。よくも〜まぁ〜。そんな事で。店、構えて商売出来るな!」

 

「はぁ、そんな事ですから只今、店じまいセールに至ってる訳です。」

「・・・・あっ、そっ・・そうか・・・

それもそうやな!当然じゃ。」

と何も買わないで帰って行った・・・・周りのお客様必死で笑いを堪えてましたねd(^_^)

 

一気読み次は「セール中の老眼」