セール中の老眼4

「2006年5月25日」 

もう店じまいセールも終わって引っ越しまして以前の店の話になりますが。特に人気があったのが「老眼鏡980円」コーナー。

何となく「老眼鏡シリーズ」になって来ましたが。

既製の老眼鏡と言うのは度数が「+1.00」「+1.50」「+2.00」と0.5刻みであります。一番キツイ度数は「+4.00」です。これ「+」ってくらいですから凸レンズです。+2.50以上になりますとレンズも分厚くなって来て気になります。そのためにレンズメーカーは薄型のレンズを開発している訳ですが高いのです。

その日は60くらいの女性が来店です。この方なら「+2.00」くらいか?

「まぁ、安いはね!一つ買っておこうかしら。最近、料理作る時に困るのよ」

「ハイ、いつもはどのくらいの度数を掛けておられます?」

「いつも?私、老眼って年寄り臭いから掛けた事が無いの」

その歳まで掛けないで暮らして来られたんだから・・・
お年の割には緩い「+1.00」くらいか?Oo。。(_ _))

でも掛けて頂いた様子では「+2.00」は必要。この度数はメガネが無いと新聞の字なんて見出ししか見えません。そこで「+2.00」をお勧めするのですが・・

そこまで行くのが大変なのです。

何たって老眼を買うのに最初から新聞の文字を見ません。適当に掛けては鏡ばかりみて姿を映しています。

「あの・・・見栄えはもちろん大事なのですが、先ずは度数を決めないと」

と言っても聞く耳持ちません。デザインの違う物を片っ端から掛けて行きます。

「お兄さん、これどう。これって顔が大きく見えない?こっちは、ちょっとカジュアルな感覚ね・・・。あら!この縁なし綺麗じゃない!」

「あのですね・・・先ず度数が・・・」

「そんなのどうでも良いのよ。これが似合うかしら・・・」

どうでも良いのか?Oo。。(_ _))

老眼鏡っていうのは「近用」と言うくらいでしてピッタシ合った度数では、
手元30cm〜50cmの範囲しか見えません。
手元+2.00で丁度の方なら+1.00くらいは遠くを見る時には、
裸眼で見るよりも良く見える場合があります。

鏡から離れて2mくらいの距離で見るもので、この方に合った「+2.00」ではぼやけて鏡に映った自分の姿が見えません。

「何、これ離れたら私の姿がぼやけるやん」

「あの・・近く用ですから」

「それ、あかんわ。」

「いやいや、あかんわと言われましても新聞が見えないと意味がないでしょう?」

「当たり前やないの?」(;_;)

もう一度「+2.00」を勧めるのですが・・・新聞を見て。

「やっぱり、これね!」

当然です!Oo。。(_ _))

でも、今度は鏡に近づいて横顔を映して。

「これって厚みが目立つわね・・・ダメだわ、こんなの」

と言うと、また鏡から離れて立ちます。

 

「やっぱりキツイのダメね」と緩い老眼を買っていった・・

しかし・・・手元がぼやけた状態で毎日どんな料理作ってるんだ?

 

一気読み次はセール中のどたばた」へ。