綺麗にして頂きまして

「2006年4月18日」 

先日、店で電池交換のお客様が来店されました。

30代かと思われる女性で、極普通に電池交換の依頼です。

「電池交換ですね、では5分ほど頂けますか」

「は・はっ、ハイ・・宜しくお願いいたします。」と笑みが・・?

カウンターの前で待たれていますから、早速作業。

腕時計は革バンドで裏蓋は普通の”はめ込みタイプ”で簡単。

裏蓋を開けて軽く周囲を拭いて電池交換完了、2分くらいですか。

「ハイ、どうぞ出来ましたよ。丁度1.000円になります」

「あっ、どうも!有り難うございました!」

「いえいえ」

何かリアクションが大袈裟な方だな・・・ニコッ(*^^)

「わぁ〜!綺麗にしてもらってすみません、バンドの洗浄までして頂いたのですね。バフ掛まで!有り難うございました!」

「はぁ・・また宜しくお願いいたします。」(;^_^A

と、帰って行かれましたが・・・・

しかし、いくら何でも革ベルトの洗浄なんて出来ません(v_v)

まして2分でバフ掛と電池交換なんて出来ません(=^^=)

女性でバフ掛って言葉が出る当たりと、あの笑みから・・・
ひょっとして・・・Cooの腕時計を見てるとか?
でも、あの時計の輝きは革で擦っただけです(;^_^A

 

一気読み、次は「落ち着きのない人」