BVLGARI Solotempo

2016.12.6お預かりのBVLGARI Solotempo電池交換メンテナンスです。

竜頭の動きをチェックして。

ラグ部ですが隙間が異常に大きい。これはバネ棒が曲がっております。

ステンレス無垢バンドに両開きバックル。

針のくすみも拭き取りでご依頼ですが、本来こういう風にはなりにくい仕上げですから、それが曇ったというのは葉面が変質している可能性があります。

ラグ部のバネ棒ですが曲がって折れる寸前。

片方は引き込むと戻って来ません。

写真の様にバネは戻っているのに突起が出ていないという事は、折れたか?

弓環の汚れもチェックします。

ラグ部との取付部もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。

竜頭の裏側は洗浄でここまでは綺麗に。

竜頭パイプも、ここまでは綺麗になって。

これが取り出した文字盤&ムーブメント。やはり拭いても綺麗にはなりません。
あまり擦るとメッキが剥がれますからほどほどに。

ケースの内側もチェックして。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

電池格納部をチェクします。

マイナス端子が折れております。

これだけでも導通は致しますが、綺麗に直すには修理センターさん扱い。
つまりは分解修理などにならない限り、このまま使う事になります。

クォーツ・パルスが出ておりませんがマイナス端子が折れいるせいか?
また強制運針器で回そうとしても不動ですから要・分解修理状態。

裏蓋も洗浄して綺麗になりました。

パッキンを装着します。

ブレスも洗浄して綺麗になりました。

このバネ棒ですが金属疲労で爪が柔らかくなっており。装着して錆びでも起これば外すのが厄介になりそうですから、普通のバネ棒に交換しておきます。

時間合わせて動作確認ですが不動。分解修理で修理センターさんに託します。

 

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可