LONGINES Perpetual

2016.7.7お預かりのLONGINES Perpetual電池交換です。
パペカレということで「カレンダー情報の入力」があると思います。
この時計の入力方法が分かりませんが、設定はご自分で出来るということでお預かり。

3本届いたうちの1本。

竜頭の動きをチェックして。

遊び革の状態もチェックします。

裏蓋は”はめ込みタイプ”で裏蓋記載。

こじ開け工具を差し込みますが刺さるだけで裏蓋が浮きません。

多少はこじ開けたりしますが裏蓋がしなるだけで浮きません。
かなり素材が良いという事でもありますが。
これ以上は目立つキズが付きます。元からキズがある時計なら作業を進めますが
現物を見ると新品に近い状態ですから、お客様に了解を得ます。

大胆に作業すると簡単に開きます。

裏蓋を開けると電池がムーブメントを覆っています。

電池格納部をチェクして動作確認。

パッキンを外して劣化具合をチェックしますが異常は無し。

パッキンにシリコン塗布をして裏蓋に戻します。

閉めた後ですが、時計が綺麗な状態なだけにキズが目立ちます。

時間を合わせて電池交換完了です。

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可