G-SHOCK DW6300/1084 電池交換メンテナンス

2016.7.10お預かりのG-SHOCK DW6300/1084 電池交換メンテナンスです。

ベゼル・カバーが割れており加水分解で崩壊寸前。

遊び革の状態もチェックしますが以外に、加水分解の気配も無く。

今回、交換用のベゼル・カバー&ウレタン・バンドを同梱と言う事で受付が可能に。

ベゼル・カバーのネジも洗浄します。

取り外したベゼル・カバーですが、崩壊するかと思えば原型を留めます。

積年の汚れを感じます。

またガラスの曇が気になりますが洗浄で綺麗になるでしょう。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。

洗浄の前に電池格納部をチェクして電池を入れて動作確認。

表示確認ができましたので洗浄へ進みます。

これが取り出した液晶&ムーブメント。

こちらは液晶側。

ケースの内側もチェックします。

パッキンがケースにこびりついております。

ガラスの曇が気になりますので外して。

黒い物の上に置けばいかに曇っていたかがわかります。

黒いプラスチックの文字盤も外してケースごと洗浄したいところですが
黒いプラスチックが外れません。

そこでガラスの曇りは拭き取り装着します。

パッキンは交換してシリコン塗布をしてケースに戻します。

裏蓋を閉め洗浄レベルでの水漏れは無いかチェックします。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

外したパーツを戻していき電池を入れて動作確認。

表示確認してELライト点灯確認。ELライトというか豆球みたいな電球ですが暗い感じです。これはもう点灯するだけでもヨシとします。

ベゼル・カバーのネジも洗浄して綺麗になりました。

同梱頂いた交換用のベゼル・カバーを装着すれば新品の様です。

ブレスも交換して電池交換メンテナンス完了です。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可