PRO TREK PRW-1500TJ/3132  プッシュボタン固着

2020.11.16お預かりのPRO TREK PRW-1500TJ/3132  プッシュボタン固着 修理です。
このモデル「ソーラー・電波」時計ですから当然受付は不可です。
ただ「プッシュボタンの固着解消」がご希望ですから受け付けてくれる所が無い事もあり。

「チャレンジしてみますが、当然弁償、修復等は一切対応出来ませんから、お覚悟の上での発送宜しくお願いいたします。」という事でお預かり。

裏蓋は4本ネジで留まっていて裏蓋記載。

最近では「ソーラーや電波」時計であることは、わざわざ裏蓋には記載しないようです。

ネジを緩めていきますが、1本錆びており「頭が折れました」。これは修復の対応不可です。

裏蓋の裏側もチェックします。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。プッシュボタンのレバーをチェックします。
写真でもパッキンが効いていた事がよくわかりますので、内部は異常はないようです。
「MODE」のプッシュボタンは押せません。
修理のためには「ムーブメント取り出しは必須」

ただPRO TREKはセンサーが付いておりこれを外す必要がありますが。
外して、後から取付られる保証はありません。パーツの入手も不可ですから
こちらも修復は不可です。時間とアラームくらいが使えればOKとして頂きましょう。

ケースのネジ穴ですが。

1本折れており。本来は折れ込んだネジ抜き・タップ切り・ネジの交換が必要ですがそこまでの手間は掛けません。

これが取り出した液晶&ムーブメント。

こちらは液晶側。

ケースの内側もチェックします。プッシュボタンが動きません。

反対側は両サイドのプッシュボタンが堅い。

中央は問題無いようです。

MODEボタンは不動ですから、先ずは外さないと前へ進めません。

かなり錆びて見えますが、プッシュボタンはプラスチック。

金属部分はプッシュボタンの「シャフトのみ」です。この程度はプッシュボタンは洗浄すれば問題無いでしょう。ケースは洗浄が出来ませんから拭き取りで対応します。

反対側のプッシュボタンも外しますが。

こちらは錆も無く問題はありませんから「グリスアップ」のみしておきます。

もう一つも同じく綺麗ですから。

グリスアップのみ。

ムーブメントを戻してネジ締めですが一箇所はネジが効きません。

ネジと裏蓋の角をレジンで固めておきましょう。

MODEの切替と、時間合わせ・Light点灯・ストップウォッチは問題無くこれでOKとします。センサー類までは分かりません。

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可