電池交換では不動だった/ TAG HEUER 973.006F

2017.3.2お預かりのTAG HEUER 973.006Fです。

竜頭の動きをチェックして。

ステンレス無垢バンドに三つ折れダブルロック。

微調整位置をチェックします。

バックルの汚れもチェックして。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

ラグ部の汚れや弓環の汚れもチェックして。作業の流れから即、洗浄器に投入。

裏蓋の裏側もチェックして。これも洗浄器に投入。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。おや・・・?。全体的に粉っぽい。

電池を外してみれば、強烈な液漏れ状態。絶縁フィルムまでスカスカのボロボロ。
そして歯車の輪列に入り込んで居るために、不動でした。

ブレスは洗浄中でしたが引き上げ。

バックルの汚れも洗浄して綺麗になりました。

残念ながら不動で返却となります。修理には分解修理よりもムーブメント交換でしょう。

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るとう理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可