CHANEL J-12 白セラミック

2016.8.1お預かりのCHANEL J-12 白セラミック電池交換メンテナンスです。

ガラスの曇が気になると言う事で拭き取りもご依頼です。

竜頭の動きをチェックして。

セラミックバンドに両開きバックル。このバックルの板バネが金属疲労で折れたと
問い合わせが良く有りますが、そういう素材ですから仕方が無い。

裏蓋は8本ネジで留まっていて裏蓋記載。ネジの穴には汚れとサビが詰まっており。
更にねじ切りの精度が粗いですから、ネジをまわすのが一苦労。

パッキンがよれて入っており、これでは手洗いでも湿気は入ります。

しかし裏蓋サイズとケースの径の誤差も粗いですから、パッキンだけが湿気の原因ではありません。こいう所が時計店が電池交換を嫌う理由でもあります。

ネジはサビで粉だらけですから洗浄します。

裏蓋を開けるとスペーサーが電池を覆っています。

ケースを取り外して。

竜頭の裏側は洗浄でここまでは綺麗に。

竜頭パイプも、ここまでは綺麗になって。

これが取り出した文字盤&ムーブメント。

ケースの内側もチェックして。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

ケースも洗浄して綺麗になりました。

裏蓋も洗浄して綺麗に。

パッキンにシリコン塗布をして裏蓋に戻し。

ネジも洗浄して綺麗になりました。

ネジは洗浄しても装着するのに回すのが固い。

おや?何か変。

目盛リングが洗浄器の底に沈んでおりましたので接着剤で固定。

ベルトごと洗浄でバックルの汚れも綺麗になりました。

ガラスの曇りもスッキリしたところで。

時間を合わせて電池交換メンテナンス完了です。

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可