AVIREX AX007M

2017.6.15お預かりのAVIREX AX007M電池交換です。

竜頭の動きをチェックして。回してみると固いですね・・・。
引いて針回しですが引くのも硬く、回すのも固い。

遊び革の状態もチェックします。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。

ケースの汚れを拭き取り電池格納部をチェックします。

外したパーツを戻していき電池を入れて動作確認。動作確認できたところで時間合わせですが竜頭が硬くて回せない。
硬いですが引いて針を回すことは、硬いなりに可能ですが
秒針をスタートさせるに押し込んでも動かない。これは奥まで押し込めないので
引いた状態が解除されていない。

竜頭を抜いてみますがサビや、汚れが詰まった感じは無く。

竜頭パイプも綺麗な状態。

抜いたついでに洗浄しておきましょう。一応、グリスアップして動きはスムーズになりましたが、竜頭の巻芯が抜けない様にするストッパー部品が不具合を起こしております。
これを修復するには、ムーブメントの分解ですから現実的ではありません。

 

竜頭を強く引くと抜けてしまいます。ユックリ引いて針だけは回せますので
これで電池交換完了と致します。
セイコー系ムーブメントですから交換パーツなどは入手出来ないですから
このまま使うしか無いでしょう。

 

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
既製品で同サイズのパッキンが入手出来るという理由です。
他の腕時計も電池交換の度に必ずパッキン交換が必要ですが、行っておりません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可