CITIZEN EXCEED Duratect 2435-T008526 TA 電波Eco Drive

2016.8.26お預かりのCITIZEN EXCEED Duratect 2435-T008526 TA 電波Eco Driveです。

竜頭とプッシュボタンの動きをチェックして。

チタン無垢バンドに三つ折れプッシュバックル。

ブレスを外してバネ棒も一緒に洗浄します。

そこまで作業してはて?時計が止まっている。お申し込みを内容をみたら「修理まではしない」となっており。不動なら洗浄しても費用は頂けないので作業は中止です。

動作確認出来れば洗浄すればOKですが。先ずは動作、これは蛍光灯に当てれば動き出します。ただ台風が近づいており太陽光に晒す程の日光も無く。フル充電には手間が掛かりすぎる。
そして竜頭で針回しが出来ませんから時間が合わせられず。
これはもう「返却するしかありません」とお連絡。

返事が「作業されたなら不動でも費用は支払います」というお返事でしたので。
支払って頂けるなら洗浄作業はしておきましょうと。先へ進みます。

裏蓋は”はめ込みタイプ”で裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントですが金属の板が曲がって反り上がっております。

この程度は修正すればよいでよう。

竜頭の裏側は洗浄でここまでは綺麗に。

竜頭パイプも、ここまでは綺麗になって。

これが取り出した文字盤&ムーブメント。

ケースの内側もチェックして。

裏蓋を閉めてまるごと洗浄して浸水が無いかチェックします。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

曲がっていた板も修正。

外したパーツを戻していき電池を入れて。

裏蓋も洗浄して綺麗になりました。

パッキンにシリコン塗布をして裏蓋に戻し。

全体的にツヤが出て綺麗になりました。

ブレスも洗浄。5回洗浄し直してやっと汚れが出て来なくなりました。

バンドを取り付けメンテナンス完了です。あとは到着後充電して頂き取説を読んで時間を合わせを行って頂きましょう。
なお私の店では電波を受信する環境に無く、稀に翌朝見たら受信している事もありますが
環境が受信しにくい立地と家屋の構造にあります。
台風が近づくこの時期ではなおのこと受信しないでしょう。

 

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
「交換用のパッキンが入手可能、それだけの理由です」
更に普通のOリング形状ですから既製品でも太さ・径が近ければ合わせる事が可能です。
他の電池交換も必ずパッキン交換が必要ですが、入手不可です。
よって殆どの電池交換では元のパッキンを再利用する事になります。
また「竜頭のパッキン」もですが、劣化していたとしても放置となります。

このムーブメントは電池交換後に不具合が出る場合「ムーブメント交換」対応が可能です。
このムーブメントは電池交換後に不具合が出た場合「分解修理等、対応不可」です。
(2016年現在)

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可