腕時計修理/目覚ましのベル修理

基本は直りませんが。

腕時計修理/目覚ましのベル修理

セイコーの古い目覚ましですが、落としてからベルが鳴らないという事です。
これは本来は「修理不可」です。
何故かと言えばこの時計の場合で当時の定価で3.000円〜4.000円とは思いますが、
目覚ましの修理はメーカー送りになります都合、基本料金は「5.000円〜」です。
今の時代1.000円〜新品がありますから買い換えしか方法はないでしょう。
でも私で直る程度の事はやります。
この目覚まし何と「バッテリーチェッカー付」。この右の銀色のボタンを押すと。

この様に電池残量が分かります。この機能は今でもあれば便利かも?

落とした訳ですから中で折れてるのですが。開けてみましょう。
裏側の3本のネジを外すのみ。

これがムーブメントですが、○の足が2本折れていますね。

これが拡大写真。これはもう地板部分の一部ですから完璧直すには地板交換です。
しかし、20年以上前の目覚ましの部品があるとは思えません。
となると無理に直すしかありませんね。この折れた右側の足を横から見れば。
こうなっています。根本から折れています。

この○の部分がシッカリ付いてねければ使い物になりません。この足の上に。
この金属の部品が乗ってネジ留めされる訳ですから。

こういった構図になります。そしてここにモーターの尻が入ります。

こうですね。そして時間が来るとこの様に回転する訳ですから、結構振動があります。

よって瞬間接着剤のみでは、強度が足らないでしょう。そこで、こうなります。

瞬間接着剤で止めた上から、プラスチックを溶かせて足に巻き付けます。(;^_^A

こんな方法しかありません。これでも3.000円くらい頂けましたらもう少し綺麗に出来ますが、それだけ費用を掛ける人もないでしょう。

この様な修理は受け付けはして貰えないですから、自分でやりましょう!

意外に簡単ですから。

私としても、こんな修理でお金は頂けませんし得意さまでしたから
「お金は要らないですよ」と言って、「そういう訳には」と
500円置いて帰られましたね。(;^_^A

 

でもこれ1年前の撮影で、先日腕時計の電池交換に来られましたから聞いてみたら。毎日シッカリ鳴っていますよ!って事でした。

腕時計修理の質問集トップに戻る