腕時計修理の質問集/SEIKO-5のインデックス外れ

これは修理ではなくて応急処置

SEIKO-5のインデックス外れSEIKO-5のインデックス外れ

写真はSEIKO-5のインデックス外れです。
これを取り付けるとなると「ムーブメント取り出しが必要」で費用もが掛かります。
また取り付けても再度外れる可能性もあります。
こうやって文字盤上で動きますから秒針に引っかかる訳で放置する訳にもいきません。

「SEIKO」の文字もですが「5」のマークも外れており。中で動き回ります。

では取り外してみましょう、裏蓋はスクリューバック。かなり分厚い時計ですね。

SEIKO-5のインデックス外れムーブメント

これがムーブメント。↓

ムーブメントの紹介コーナーではないですが。

SEIKO-5のインデックス外れ文字盤

竜頭を抜くとムーブメントの固定がフリーになり、文字盤とムーブが出てきます。

ケースを見るとこの様に落ちていますから取り除くのみで簡単です。
これなら「電池交換&洗浄3.000円コース」ならついでの作業です。
ちょっと変ですが、視認性に問題はありません。

 

取り付けた方が格好良いのですが「取り付けると再度、外れる可能性が」と
言えば大概の方は「では除去を」というご依頼になります。

腕時計修理の質問集トップに戻る