G-SHOCKのベゼル・カバーの劣化・加水分解について。

G-SHOCKの加水分解のチェック方法。

 

プッシュボタンの横にドライバーの先を入れてみますとピチッ!割れます。

この写真などは既にボタンとボタンの中間でもヒビが入っていますが。

ドライバーで無くても爪楊枝を差し込めば劣化度合いが分かります。

これなどはバラバラにまではならず、作業後戻してもこのまま。

ヒビが入った状態でカバーを取り付ける事が出来ました。

本来はこの様に爪楊枝くらいで割れません。
現実にこれを外すときはボタンの両サイドに2本のドライバーを

刺して手前にめくるように引き下げて外しますから劣化した物は一発で
割れてきます。ではカバーを外さなければ良い様なものですが

裏蓋を開けるのに防水ですからスクリューバック、これが滅茶堅い。
それをバイスに挟んで回すとバイスの爪と金属ケースの間に
ベゼルカバーが挟まれた状態で回すことになります。
その圧力と捻れる力で劣化していると組み立て不能なくらい
バラバラになるので仕方がありません。 

また外して裏蓋を開けても「電池交換メンテナンス」で洗浄すると
油分がカスカスになって脆くなります。
「劣化が気になる場合は洗浄は無し”電池交換のみ”で」と
言って頂ければ対応がしやすいですか。

どうしてもひび割れが困る方は電池交換ご依頼の前に
ご自分で交換用ベゼルカバーの調達が出来るか「カシオテクノ」で
検索して確認してから宜しくお願いいたします。

後で「元はひび割れしていなかった」と言われても
こちらでは対処が出来ません。接着剤では着きません。
最悪は裸のまま返却して電池交換代金をお振り込み頂く事になります。

 

こいう事もありえるので「G-SHOCKは何処へ持ち込んでも嫌われる」と
言う事になるわけです。

腕時計修理の質問集トップに戻る