腕時計修理の質問集/BVLGARIメタルバンド修理

これは妥協が必要な修理になります。

BVLGARIブルガリBVLGARIブルガリサイド

BVLGARIのメタルバンド修理です。自動巻でフラットガラス。

BVLGARIブルガリ裏蓋BVLGARIブルガリガラス

裏蓋形状もメーカーでしか開けられない物になっています。
こういった形状の裏蓋はメーカーか、余程の大店しか開ける工具を置いていないでしょう。
当然私などは持っていません。コーティングガラスが綺麗ですねぇ〜!と、
うっとりしている場合では無いのです。

BVLGARIブルガリ

ベルトが外れただけの様ですが、これが大変。普通は受付はしてくれません。

バックルは普通の三つ折れ無垢バックルで正常です。

これが問題な訳です。これ本来は左右の○が溶接されています。そこが外れた訳で修理は不可。よってコマの交換になります。一コマ外しますから「余りコマ」をお持ちでなければ修理は不可。かといってベルトの交換ともなれば既製品は付かない構造ですし、メーカーから専用バンドを取れば5万円くらい?

幸い余りコマをお持ちなので何とかやってみましょう!こちら裏側ですがこのネジは飾りで意味がありません。

先ずは壊れたコマを除去しますが、本来のベルト調整部分では無いのでメッチャ堅い訳です。
こういった時用に、ベルト調整専用の工具を短く切った物を使って上記写真の様に出て来ました。いきなり長い工具で打ち込んでも曲がるのみです。

さぁ、ここまでピンが抜けました。必死ですよ、ここまで抜くのに。ベルト調整バイスに固定して叩く・・・そんな上品な方法では無理です。ビクともしません。

「カナトコ」の穴の部分にあてがって渾身の力で打ち込みます。よってベルトサイドには小キズが付きますが、それが嫌な場合は5万円払ってください。

 

壊れた部分を摘み出します。ピンはこの状態で完全に抜きません、後が厄介。

この茶色くなった所が溶接されていた所です。ここに上のパイプが溶接されていた訳です。

渾身の力で叩いたので、この部分が壊れてしまった(;^_^A

まぁ、どうせ壊れたコマですから良しとしますか。余りコマからピンを固定するパイプを抜き取ります。
(Cリング式の”Cリング”みたいなものですか)

これを除去した側のコマに入れます。そして余りコマを入れます。

さぁ、問題はこのジョイント。本来は抜けないピンを抜いた訳で”スコスコ”。抜けないピンですから太いのです。よって固定のパイプを入れたらピンが太くて入りません。かといってもうそのパイプは使ってしまってありませんが。
よって元のピンで固定するしかありません。この部分をまた渾身の力で叩いて楕円形に潰します。それを強引に打ち込んで完成ですか。

ただし!!

本来外れない箇所。そして幅が変わる所。つまり完成してもこの様に段差が出来ます(;^_^A

この了解が得られないと出来ません。多少の傷が付いて2.000円で直すか数万円でベルトごと交換するか?。それは持ち主の判断ですか。(v_v)

腕時計修理の質問集トップに戻る