腕時計修理の質問集/板巻きベルトの緩み

メタルバンド板巻きタイプの緩み修正

板巻きベルトの緩み板巻きベルトの緩みラグ部

SEIKO「5自動巻」海外モデル。このベルトは無垢ではなく「板巻き」です。
この様にステンレスの塊に穴を開けてピンを通す”無垢”ではなく
板を巻いてジョイントされています。

これが”ベルト調整部分”なら、板バネを抜けば簡単に入りますが。
そうでない場合は厄介です。そのまま”くぐらせ”ようとしても入りません。
先ずはバックルを外します。そしてこの様に工具で広がりをわざと大きくします。

反対側を見ても伸びている所は多々。
こうなると全体的に緩んでいますからチェックが必要ですね。

ベルト調整の部分も緩んでいます。これの修正方法は。

 

こうやって”刃先がカギ”なった工具。
またはラジペンでもOKですから、1箇所づつ絞めていくしか方法がありません。

無垢バンドが好まれるのは、こういった手間が無いからと丈夫さですか。

腕時計修理の質問集トップに戻る