時計の修理/良くある質問

年輪クォーツ置時計の針修正

セイコーの「年輪クォーツ置き時計」です。
何でも時計を落として、ショックで秒針がおかしくなったと。
症状としては時計を寝かせて置くと針が進みますが正常に立てて置くと、
秒針は下りは1秒ずつ正常に進みますが、登りになると進まないと。

これは、ショックで秒針が緩んだのみの様です。
秒針は差し込んであるのみですから、軽く押さえてあげるだけで簡単なのです。
ところが、目覚ましと違ってこの年輪は前面からは開けられないですから大変。
では、その作業をしてみましょう。まずは、この3カ所のネジを外します。
(+ドライバー。大工用)

ネジを緩めると、それだけで裏のカバーが感単に外れます。
そして、年輪の木(枠)を持ち上げれば、この様に時計本体がポロリと残ります。


返せばこんな感じですね。 まさしく抜け殻。
さて、針を触る訳ですから、ガラスを外さないといけません。

この様なプラスチックの爪で留まっています。
色は金色ですがプラスチックへのメッキ。裏から見れば白いプラスチックです。
小さい目のドライバーで、ここまで外します。
プラスチックですから、力が入りすぎたら割れますからかなりの注意が必要です。

ちょっとピンボケましたが、この様に外します。他の2カ所。全部で3カ所の爪を外せば。

金色(表から見れば)の枠とガラスが外れます。
「年輪置き時計修理」続き

腕時計修理の質問集トップに戻る