腕時計修理の質問集/腕時計バンド弓環タイプの交換

弓環のベルト交換/その他”腕時計ベルト交換実践例”

Salvatocchoという名前の腕時計ですが、既製品の”弓環タイプ”に交換してみます。
今の付いてるベルトでも装着に問題はないのですが。
弓環タイプでは無い既製品を装着されています。
またコンビウォッチなのにシルバーのベルトでは・・ それに隙が開いて不格好です。

このタイプをお勧め。”弓環アジャスター”も付いているタイプですね。

まずは弓環の幅とカーブが合うか確認します。
ジャストフィットとまでは行かないまでも以前のベルトよりは良いです。

この形で組んで行きます。バネ棒を通します。

このタイプの取り付けのコツは、片方のバネ棒を差し込んで
片方を滑らせて入れる方法(革ベルトと同じ)では難しいです。
この様に弓環部分を先にまっすぐに入れてバネ棒は両端が
ラグ部の上に乗るようにセットしてからまず片方のバネ棒を滑らせて入れます。
何故そうするのか?ですか。それはやって見れば分かりますね(^_-)-☆

どうですかぁ〜。ちょっとデイトナっぽく成ったでしょう!

これよりはずっよ良い!(^_-)-☆その他の交換は”腕時計ベルト交換実践例”でどうぞ。

腕時計修理の質問集トップに戻る