腕時計の修理の質問集/SWATCH(スウォッチ)の電池交換

スウォッチの電池交換は自分で出来ますか?

SWATCH(スウォッチ)の腕時計ですがこれは自分でも簡単に電池交換できます。
形状は様々ですが、基本は皆同じ。裏蓋はありませんが、¥500コインで開けられます。

この様に500円コインがピッタシ!左の状態から、右の状態まで
「フタ横の↑」の向きに45°ほど回すのみ。

すると簡単にフタが外れます。
このフタを裏返せば黒い物が見えますが、これがパッキン。
まれに開けたときに、このパッキンが裏フタではなく電池の方に残っている場合もあります。

この様な感じで、パッキンの裏が濡れている様に見えますが
これは”グリス”ですからご安心ください。
このような格納スペースで電池を止める金具もなくいたって簡単!
フタを閉める時は腕時計の文字盤を下にして500円コインで押さえつけるように回します。

スウォッチのもう一つのタイプは。 こういったプラスチックの裏蓋タイプがあります。

拡大するとこの向きに工具を差し込む”隙”がありますから、
ここから開ければいとも簡単に開きます。
専用工具で無くとも、腕時計用のドライバーでも開きます。
閉めるときは裏蓋を押し込むのみ。
これである程度の”防水”が効く訳ですから驚き!

腕時計修理の質問集トップに戻る