腕時計修理の質問集/タグホイヤーバックル

ホイヤーのバックル(バネ棒)


綺麗な腕時計ですがご存じ”タグ・ホイヤー”です。
ホイヤーの”Professional”腕時計ですがバックルがはずれたと。
見るとバネ棒を紛失していますので新しいバネ棒を入れればOK。

無垢バックルです。 バネ棒を用意して。

差し込みますと・・・入らない。普通のラグ用のバネ棒では太いです。
では、特殊な細いバネ棒を用意いたしまして。

これなら入りました。 長さもぴったし。後はバックルに装着するのみですが。

なんと!バネ棒の先端が細過ぎて突き抜けてしまいます。
これでは外れますし、怪我をする危険性もありますからダメですね。


そこで、細くてバネ棒の先端が特殊な物を用意します。
普通のバネ棒と比べると、太さと先端形状が違うのが分かりますか?

これでOKですね。たかがバネ棒と言えど色々あります。
この解説はこのサイト内の”バックルのはずし方”でも紹介しています。

腕時計修理の質問集トップに戻る