腕時計修理の質問集/アルバデジタル-ボタン修理

アルバデジタル-ボタン修理

アルバデジタル-ボタン修理です。
このボタンが全くビクともしません、よって時間調整が不可。
また、最近電池交換したのに表示がたまに消えるとか。

裏蓋には名前が刻印された記念品のようで捨てる訳には行かず修理です。
これがキャリバー。

ラグ部も汚れが凄い。ベルトを取り外して。

ムーブメント

ラグ部を掃除します。裏蓋を開けて驚き!電池押さえの爪が外れたまま。

簡単に取れます、これでは表示が消えてもおかしくありません。
この様にちゃんと爪を留めます。

ムーブメントを取り出して内側確認。

ボタンはこの部品で留まっています。
これが引き抜いたボタン、ビッシリホコリが。これでは動きませんね。

バネが入ってますから丁寧な構造。
今のデジタルでここまで凝った構造の物は少ないです。これがスプリング。

凄い汚れですが、ハイ、綺麗になりました。

ケース側もハイ、この通り。

これで、ボタンを押した状態。指を話せば簡単に戻ります。

あとはボタンを留めて完了、これ4つ全部、同じ作業をすると30分くらいですか。

 

腕時計修理の質問集トップに戻る