急かすな!

2004年11月25日

「急かす」急がす、って意味ですが関西では「せかす」と読みます。知り合いが走って居るのをみると「えらい、せぇ〜て何処いくねん?」とかいった使い方をしますね。 (別コーナー我が町方言何処の町みたいですが。)

今日、おじさんが電池交換に来店されます。

「にいちゃん!ちょっと止まるの早い気がするんやけど電池かどうか見てぇな」
と、時計を差し出します。スクリューバックの腕時計ですが。

これ開けるのに時間が掛かります、まずはバイスに時計をセットしてからオープナーで回していくのですが。まず、時計を受け取るとすぐに。

「にいちゃん。電池か?」

「そうですね、おそらく電池でしょう」と言いながらバイスを手にすると。

「電池やろ?」

「え〜、しばらくのお待ちを」。バイスに時計を挟むと。

「やっぱり電池か?」(せかすなっ、ちゅう〜の。!まだ開けても無い!)

「・・・・・」 セットが完了してオープナーを探していると。

「電池か?」
「・・・・・」

オープナーを時計にあてがって。一気に力を掛けて開けますが、ちょっとでも滑らすと時計に傷が入りますから、一瞬息を止めて「よっ!」っと一番気合いが入る瞬間に。
「電池かぁ〜」(せかすな!ってもう、思わず力が抜けましたね(;^_^A )
もう一度、息を止めて〜!さぁ!
「電池かぁ〜!」
さすがにここで「ムッ!」と来ます。ところが・・・

何故かここで、ふと!私は数日前の自分の行動が走馬燈のように浮かびます・・

Oo。。Oo。。(_ _))

それは、ちょっと山奥の友人宅に用があって朝、車で行ったのですが。その帰り。
舗装もされていない道を通った時に、大きな「石」を踏んだのです。その瞬間。「ガツン!」

と、車の底に石が当たる音と振動が。 その帰りに、いつもの車の修理屋さんによって。
「まいどぉ〜です。ちょっと石、踏んだんやけどちょっと見てぇ〜な?」
修理屋さんが車の下に潜り込んだ時に私は
「大丈夫ですか?」
「・・・・・・」なにやら工具で作業を始めた時に。
「 やっぱり壊れてる?」
「・・・・・・」その時私は。

無愛想なおっさんやなぁ〜、返事くらいしろよな、って思いました・・・・・

やば!自分も同じ事やってるかも?と!

「お客さま、今開けるところですからちょっと待って頂けますか?」 (;^_^A

「んん、ちょっと見てぇな」
やっぱ、これですね!何でも良いから返事さえしておけば良いのです。お客様に悪意は御座いません。

人間って、意外に自分がされると嫌な事を無意識に他人様にしているもので御座います。反省!(_ _))ヽ(^^ )

やっと蓋を開けて電圧を測っても正常値。油ぎれか?と。「キズミ」って時計屋のおじさんが目に付けてるルーペがありますよね。あれを目に挟んで、左手に時計を持って、右手にはピンセット。
あれを目に付けると視界は5cmの距離しかピントが合いません。左手は時計を落とさない様に集中しています。右手はピンセットの先で機械に触れていますので1mmでも余計な動きは許されません。息さえ止めている事もあります。知らない人が見れば、「この人は時計を食べてるのか?」って姿勢ですね。(;^_^A
そこでまた。
「やっぱ電池かぁ」・・・

いくらなんでも。この体勢で喋るのはつらいぞぉ〜!

一気読み次は「ベルト交換最短記録」へ。

「Cooの腕時計/笑い話/雑文(日記)TOPに戻る 」