電池が抜いてある状態について

電池交換の為に裏蓋を開けると、元の電池が入っていない事があります。

普通は裏蓋を開けると電池が装着しております。

それがこの様に「裏蓋を開けた時に”電池が無い状態”の時があります」

この状態の時に私が思うのは「おそらく不動である」という事です。

何故、そうなるのか?。時計屋が電池交換しても不動であり、且つお客様が修理の意思が無い場合。電池を時計に戻してお返し。そしてお客様が修理を決断するまで放置するであろうと想定する為に。
「液漏れを起こすと修理が不可になりますから抜いておきますね」という状態だからです。

もっとも私も経験から過去に何度かは「当面は使用しない時計なので、現在、稼働しておりますが電池を抜いてください」という依頼を受けた事も有ります。(抜くだけでも費用が掛かります)

あとは最近はご自身で開けられる方も多いです。
ただ経験から「電池が入っていない時計の殆どは”不動です”。」
よっと必然的に「古い時計・内部の状態が悪い」などの場合に、電池が入っていない事が多いです。

決して何処かの時計屋が「悪意で電池を抜いた」と言う事ではありませんからご安心ください。

腕時計修理の質問集トップに戻る(2018.1.25追記)