腕時計の修理の質問集/センターラグCasablanca

交換して貰えない革ベルト

腕時計の「ベルト交換」の所でも解説したセンターラグのベルト交換です。
こういったタイプの革ベルトですが。
「カサブランカ」と文字盤 に書いてありますが雑貨腕時計です。
ベルトが途中で切れて交換のご依頼です。
時計店に持ち込んでも断られる事が多いそうです。
それでは、自分でやってみましょう。

写真の様にベルトの中央に切り込みがあって、腕時計本体を
「またぐ」感じで取り付けられています。
右写真/横からみるとピンで留まっています。

工具で両方から挟んで引き抜きます。(ちょっと堅いですが)ハイ!抜けましたね。

ベルトの幅だけ確認して購入します。

まず、新しいベルトの上に古いベルトを重ねます。ぴったり合わせてから。

古いベルトの切り込みに沿ってカッターの刃を入れます。
ポイントは元の幅よりは心持ち狭く切り込みを入れます。
切り方のコツは「切る」 というよりかは、刃を押さえつけると言った感じか?
縦の切り込みが出来たら。

横の切り込みも。これも刃を引くのではなく、押さえ付けて切って行きます。
もうちょっと奥までベルトを入れないと、
横にピンが通せない感じがしますがこのくらいが丁度ですね。

新品のベルトはピンが通る穴がふさがり気味な場合が多く、
ピンセットで穴を大きくします。ここまで縫うようにピンを通したあとは。

片方のキャップを差し込んで。ハイ、完成!

 

このタイプのベルト。ブランドや腕時計メーカーの物ならベルトを
「パーツ」として取り寄せ可能でしょうが。(値段は2万円を超えるでしょう)
しかし 雑貨腕時計になると部品として取り寄せが出来ません。
しかし加工までして交換可能な店は少ない。このタイプの取り付け。
もっと詳しく見たい方は「センターラグの革バンド交換」

腕時計修理の質問集トップに戻る