腕時計の革ベルト・バンド交換修理/センターラグタイプとは

腕時計バンド・ベルト交換普通ラグ部形状

普通のベルト交換は、すでに触れた下記写真の様な腕時計になります。
この○の部分を「ラグ」と呼びます。
普通は足(ラグ)が2本腕時計のケースから出ています・(写真)
ここで解説するのは下記写真。ラグ足が1本しか出ていない腕時計のベルト交換です。

見かけた事があると思われますがこのタイプの時計は写真の様に「足が1本」。
しかも腕時計のケース中央にあるので「センターラグ」タイプといいます。

しかし時計店で「センターラグ用のベルトください」といっても
以外に通じないですから注意が必要です。それは何故かと言うと。
以外にこの「センターラグ」って言葉を知らないお店が多いのです(特にお年寄りの方は)。
実は私も知らなかった。(お年寄りでは無いのですが単なる無知)

それとこのタイプのベルト交換ですが「ブランド腕時計」なら専用バンドで、
この形状に切り込みの入ったベルトがあります。

ただ、そうでない(メーカー品でない腕時計)場合は革バンドに切り込みを入れて加工いたします。よって「センターラグ用ベルト」と言うのは既製品では存在しないです。注文時には注意が必要です。

 

さて、その方法はセンターラグ交換1へと。