革バンドの取り外し方/外から突けるタイプ

次は「タイプB」こちらは、腕時計の外側からバネ棒を突くタイプで意外に簡単。
「タイプB」は写真の様に腕時計のラグ部に穴が開いています。
ここを突くのみです。ただこれも簡単そうでも”コツ”はあります。

腕時計バンド・ベルト交換ベルト交換タイプ

ではタイプ「B」の初心者の起こしやすいミスから。

腕時計バンド・ベルト交換やってはいけない

写真のようにどちらも先の「タイプA」の様に腕時計が固定されていないのです。
いくら簡単と言っても腕時計を固定せずにはどの様な作業も難しいのです。
上記写真の右側なら腕時計を机に付けていますから、固定されている様に見えますが
ラグ部は机から浮いています。
やはり突く所が固定されないといけませんが、それが意外に困難。そこで!

腕時計バンド・ベルト交換正しい外し方

意外に思われるかも知れませんが、こうやって腕時計を机の上に置かないで
指で持った方が安定します。
そこで”コツ”としてはこの「青い○印」ここです。
写真では分かりにくいのですが左と右の指の先端をしっかり着けています。
こうする事によって左右の手を連結させておきます。
これでバネ棒を突く力と工具が突き進む範囲を制限出来ます。
両手が離れた状態で単に左手で持って右手で突くと
工具が滑った時は指を突いて怪我をする危険性が高くなります。

また左手、手のひらと中指、薬指で腕時計を固定し、親指と人差し指でベルトを矢印方向に引っ張っています。

こうやって腕時計本体とベルトを逆方向に引っ張る事によって、
ベルトが外れる方向に力を掛けておきます。
後は軽く右手でバネ棒を突いてやれば簡単に外れますね。

 

今度はベルトの取り付け方ですね!