腕時計の革ベルト・バンド交換修理/革バンドの取り外し方A

では、時計バンド交換の実践に入って行きます。先ず外し方は下記写真の2タイプです。
「左右」2タイプがあります。
右側「B」はケース(ラグ部)に「穴」が開いているタイプですから腕時計の外側から突いて外せますから簡単。

腕時計バンド・ベルト交換ベルトの外し方2タイプ

左側の「A」のタイプはちょっと難しいです。
バネ棒外し工具は”外から突けるBタイプのみ有効”
ですから注意が必要です。

「タイプA」(外から突けないので難しい)

では、まずタイプ「A」の初心者の起こしやすいミスから。

腕時計バンド・ベルト交換いけない外し方

写真内にも「×」と記載した通りどちらの方法でも危険です。
何故かと言うと腕時計が「固定されていない」からです。
この「タイプA」は腕時計外側に穴が無い訳ですから「バネ棒」を縮める為には
「皮ベルト」も一緒にある程度押し縮めないと外れません。
よって、かなりの力が必要になるからです。

かなりの力が必要と言う事は、もし滑った場合。
腕時計が不安定ではバネ棒に当てがった腕時計用ドライバー(工具)の刃先が
バネ棒から外れて腕時計のケースを突いてキズ付けます。
また私の店のパートさんでも最初に良くあるのは
最初は軽く当てがって少し突いてみるのですが、思わぬ力が必要なのに気がつくと
思い切って力を入れます。
この時に工具が滑ればケースどころか指を突いて流血騒ぎです。

ちなみに店のパートさんの中では「10回、指を突いて一人前!」と
皆さん言われてますね。{{(+_+)}}

次は「タイプA」の正しい外し方です。

腕時計バンド・ベルト交換正しい外し方

先ず左手で「腕時計を机に平に押さえつける」。
次に「右手親指で矢印の方向に押し上げる」です。
ここで「コツ」は左手の指は「3本」で固定している事です。
(親指と人差し指2本では不安定)。左手中指でバンドを支えます。

次は右手の動きですが、写真のように親指の腹に腕時計用ドライバーをあてがいます。
ここからが重要!指を曲げてはいけません。
この状態から指は曲げずに”手の甲全体”を動かします。

初心者にとっては上記、腕時計ベルト交換専用工具の「二股」部分を差し込んでから
「テコの原理で外す」方が簡単かもしれませんね。

 

次は「ベルトの取り外し方B」へと!ヘ( ^.^)ノ