腕時計の革ベルト・バンド交換修理/革ベルトの穴あけ

腕時計バンド・ベルト交換穴開け工具

ここでは腕時計の革ベルト交換を自分で完了したとします。ところが
腕が細い為にベルトの「穴が足りない」。その場合はどうするのか?

腕時計のバンドには「Lサイズ」と言う物はあるのですが
「Sサイズ」と言う物が無いのです(特注すればありますが)。
そこで革ベルトの穴を一番短いところにはめても、まだ大きい!
そういった方の為に革バンドの穴開けの方法ですね。
このような腕時計専用工具がありまして、刃先が

腕時計バンド・ベルト交換穴開け工具先端腕時計バンド・ベルト交換穴開け作業1

このようになっています。パチン!と握るだけ。いたって簡単。

腕時計バンド・ベルト交換穴開け作業3腕時計バンド・ベルト交換穴開けポンチ

そのままでは尾錠を通すのに穴が小さいですからあとは、
このように千枚通しで修正して完了!
もっと綺麗に開けるには。写真・右のこういった腕時計のバンド専用の「ポンチ」もあります。

腕時計バンド・ベルト交換穴開けポンチ先端腕時計バンド・ベルト交換穴開けポンチ刃先

 

これを宛がってハンマーで打ち抜くのが一番綺麗に開きますね。
こういった工具があれば、腕の細い方だけでなく本来の穴のと穴の
「中間の大きさ」が必要な時にも便利です。以上、おまけ解説でした!(^_-)-☆