腕時計の革ベルト・バンド交換修理/腕時計のバネ棒とは

時計バンドの交換をするには、先ず「バネ棒」を知って頂きましょう。
下記写真が「バネ棒」の種類です。
こういった形状のピン(棒)でベルトが腕時計のケースに固定されています。
この部品「バネ棒」と言うくらいですから「両端」がバネになっています。
種類は色々あるのですが用途は写真で判断して頂くとして
ここではベルト交換に関係のある「2・3・4」一般的な物で解説いたします
(ちょっと特殊な湾曲バネ棒とは)

腕時計バンド交換バネ棒一覧

この3本「長さ」や「太さ」が違います。
これは取り付け部の「幅」や付けるベルトの種類によって若干変わってきます。
ここではベルト交換する時に、腕時計に付いていたバネ棒を使ってベルト交換が前提ですから、バネ棒の太さや、長さと言った細かい解説は抜きといたします。m(..)m

次は「バネ棒」が如何に固定されているか?

 

「ベルトの固定され方」の説明へ!

______Cooの腕時計______