SEIKO デジタル D229-5000 電池交換メンテナンス

2020.3.3お預かりのSEIKO デジタル D229-5000 電池交換メンテナンスです。

11本届いたうちの1本で、他は「デジタル2本」+「アナログ・デジタル」+「Baby-G・DataBank」

竜頭の動きをチェックして。

ステンレス板巻きバンドに三つ折れバックルはオリジナル。

微調整位置をチェックします。

バネ棒が汚れており洗浄します。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントですが本来の物とは違う電池が入っております。薄い電池が入っているので電池が浮いて、表示したり消えたりしていたようです。

これが取り出した液晶&ムーブメント。

こちらは液晶側。

ケースの内側もチェックしますが綺麗な状態。

裏蓋を閉めてまるごと洗浄して浸水が無いかチェックします。

ただ曇りが出ますから防水機能は期待出来ません。それよりも前面のモードボタンが洗浄で外れました。これは困った、このパッキンはもう存在しませんし取付が出来ない。

ケースの洗浄は終わってツヤが出ましたね。

綺麗になったケースにムーブメントを戻して電池格納部をチェックします。

パッキンにシリコン塗布をして裏蓋に戻し。

全体的にツヤが出て綺麗になりました。

さて加水分解で崩壊した黒いパッキン。

触ると見る見る崩壊していきます。

パッキンの下には金属プレートが。

レジンを流してプッシュボタンとの絶縁を図ります。

同じくレジンで固定して、プッシュボタンが効くのか確認します。

プッシュボタンでモードの切り替えも可能で、竜頭操作での時間合わせも可能。となると、このレジンの仕上げでは、見栄えが悪過ぎる。

一旦、塗り固めたレジンは綺麗にそぎ落とします。中の基板もチェックします。

再度レジンで固めて接着剤の代わりとします。元が黒い色ですから見た目が変わります。

次にブレスが余りにも伸びているので、板巻の広がりを締めていきます。

1コマずつ、締めて完成。

さて洗浄して綺麗になりましたが。

いびつな湾曲、これでは留まらないでしょう。

また丁番部分も曲がってピンが抜けますのでかしめます。

こちらの丁番も曲がって下りますので修正。

時間を合わせて電池交換メンテナンス完了です。

そしてもう1本、A547-5020電池交換です。

プッシュボタンの動きもチェックして。

ステンレス板巻きバンドに三つ折れバックル。

微調整位置をチェックします。

裏蓋はスクリューバックで裏蓋記載。

裏蓋の裏側もチェックして。

これがムーブメントで。

ムーブメント拡大。綺麗な状態です。

ケースの汚れを拭き取り電池格納部をチェックします。

パッキンにシリコン塗布をして裏蓋に戻し。

時間を合わせて。

バネ棒も洗浄して綺麗になりました。

全体的にツヤが出て綺麗になったところで。

バンドを取り付け電池交換メンテナンス完了です。

 

SEIKOの古いクォーツ時計ですから電池交換で動かない場合は「分解修理」となります。
その場合の費用は10.000円〜30.000円くらいの予算をご用意頂かないと
受付さえ出来ません。
また分解修理して動いたとしても、各所の部品の摩耗もあり
その後10年とかの使用には無理があります。
また問題は電子部品の不具合。これは部品ごとの交換しか対応法がありませんが
もう古い部品ですから存在しません。
存在しても、それは何十年も悔過した新品です。 よって分解修理で動いても、
その直後に「電子部品の不具合が出た場合は修理の費用が無駄になる」
そのリスクはご了解頂かないと後悔する事になります。
よって古いクォーツは「電池交換で動けば使える時まで使えばOK」と
割り切って使用される事をお勧めします。

「TAG HEUERのページ」では殆どでパッキン交換が行われておりますが。
TAG HEUERのパッキンが劣化している事が多いのでは無く。
「交換用のパッキンが入手出来る」という事です。
更に普通のOリング形状ですから既製品でも合わせる事が可能。
他の電池交換も必ずパッキン交換が必要ですが、入手出来無い為に交換出来ません。
残念ながら殆どの電池交換では元のパッキンを再利用となります。
また「竜頭パッキン」の交換も不可ですから防水機能にはご注意ください。

BRANDJAPANCASIOG-SHOCKその他不動修理受付不可