腕時計のメタルバンド・ベルト交換/ベルトの選び方

既製品メタルバンドへの「選び方と注意点」です。
写真の様に2種類のベルトがあるとします。 どちらも取り付け部の幅は合っています。
まずは右側の場合。このベルトを腕時計のラグ部にあてがってみます。
腕時計メタルバンド交換選択例1

取り付け部の幅は合っていますから、この状態でもベルトが左右に動く事はありません。
ただ○印のところに少し段差が出来ますから見た目が不格好。
腕時計メタルバンド交換選択例2

こちらの場合は取り付け幅もベルトの外側の幅も合っていますから自然な感じです。
腕時計メタルバンド交換重要点/幅合わせ

ではメタルバンドを購入するとして幅の決定方法です。
まずは「青い線の幅」次に「赤い線の幅」が重要になって来ます。
メタルバンドは革ベルトの様に。同じデザインで「幅違い」はありません。
先ずは青い線の幅が合うベルトを選びます。
次に赤い線の幅を確認するのですが、
既製バンドでこの部分の幅を表示したベルトが少ない事が問題点でもあります。

では青い線の幅が合っていないベルトは諦めなければいけないか?

それは次の「フィット管とは」へ。