腕時計のメタルバンド・ベルト交換/スペシャルテク?外し方2

このタイプが難しいタイプですが、詳しくは後で解説するとして。
先ほどのタイプはまだ簡単なのです、それは。
腕時計メタルバ8

写真の様に、「左、赤い○」 の部分がある為に丁度「弓環」にあたる部分の
中央が薄く(狭く)なっています。
そこで、力が逃げて折れ曲がり易くなっています。
それに、「右、青い○」部分に隙がありますのでドライバーの差し込みも容易。問題は!
腕時計メタルバ9腕時計メタルバ10

このタイプです。表からみると、こういった感じで横からみると。
一体型ですね。さらに裏側から見ると。
腕時計メタルバ11腕時計メタルバ13

この様に隙間無く付いています。しかも中央で力の逃げる所がありません。
これは、かなり難易度が高いですが要領は先ほどと同じです。
ただ隙間が無いですから、いきなり大工用ドライバーは使えません。
先ず腕時計の精密ドライバーよりは大きいドライバーで刃先は薄い工具(右)を用意します。

腕時計メタルバ14

先ほどと同じ様に先ず差し込んでから、ゆっくり押し込みます。

腕時計メタルバ14腕時計メタルバ15

手が離せるまで差し込みます。

腕時計メタルバ116腕時計メタルバ17

一度ドライバーを引き抜くと少し隙間が出来ました。後は今までと同じ。
大工用ドライバーで作業します。
腕時計メタルバ18腕時計メタルバ19

バネ棒の穴がこの状態ですからOK! 先に「失敗したのは一度だけ」と書きましたが。
それはこのバネ棒の先端迄、錆びていた為にこの穴の部分に、
バネ棒の先端が残ったのでした。
それも「CRC5-56」を付けて一昼夜置くと見事に外れしましたが。
後は。綿棒にアルコールを染ませて綺麗に拭きます。
右の写真を見るとドライバーを当てた傷が見えますね。(;^_^A
素人さんでこの方法を試す方はこの行為で「時計を廃棄にしても良い」覚悟でどうぞ!

それと、この方法。紹介は「ステンレスケース」の腕時計でしたが。
CASIOやアルバの安い腕時計にはプラスチックケースの腕時計が多いです。
下記の写真のように「プラスティックにメッキしたケース」
こういった腕時計に、この方法はいけません。

ケースが金属では無い訳ですからラグ部の強度が足らない為に、
間違いなくラグ部が破損します。
さて!次はメタルバンドでも「レディス編」スペシャルテク3(おまけ)

「スペシャルテク3」 へ!