腕時計のメタルバンド交換・ベルト交換/これが我慢できれば既製ベルトに。

メタルバンドで既製品への交換で時計のイメージがどう変わるのか?
既製品のメタルバンドには、前ページで紹介の「爪」がありません。
元が一体になったタイプの腕時計を既製ベルトに交換するには妥協が必要です。

問題点/側面

写真の左側が元々付いている専用バンド。右側が既製品のベルトを取り付けた例です。
横から見ると左サイドは一体になったタイプの様ですが。右サイドは折れ曲がっております。
問題点/正面

写真のように時計を平置きすると折れ曲がりは分かりません。
腕に着けると若干、折れ曲がった感じは出ます。

これが許容範囲であれば交換に問題はありません。
もう一例、交換は出来るが、制約のあるベルトを紹介!

腕時計のメタルバンド「弓環取り付け例」