腕時計のメタルバンド・ベルト交換/錆びて外せない

腕時計メタルバンド交換外れない1

やはりきましたねリクエストが。
ではバネ棒が錆びて、どうしても外せないメタルバンド編です。
上記写真のこのレベルでは素人の方では、おそらくドライバーで外すのは無理と思われます。
私でもこの場合は「CRC5-56」を浸けて時間の経過を待ってから
ドライバーで外す方法しかありません。
私はドライバーの使い方などに慣れていますから、
その方法で大概の錆びたバネ棒は外せます。
それでも外れない場合は「修理扱い」で、腕時計職人さんに依頼するしか方法がないのです。
腕時計職人さんの方法は、工具や機械も必要らしく
私らでは出来ないレベルですから紹介はいたしません。よって、方法は無し!ですね。ヾ(-_-;)

それで終わってはこのページの意味が無い!
そこで、あくまでも素人さんが「ご家庭で出来る方法」という事が前提ですから。
かなり手荒い方法ではありますが紹介してみましょう!
ベルト外し特殊技術第2段メタル編。まずは工具から!

 

 

 

 

じゃぁ〜〜ん!

腕時計メタルバ工具

大工用ドライバー(;^_^A これで作業する訳ですから想像はつくと思いますが。
さすがにこの方法は店でも。
お客様が「急ぐので預けられない」「費用は掛けたく無い」そんな要望と。
「壊れても良い」「ノークレーム」この確約が取れないと
絶対に出来る行為ではありませんね(;^_^A 。それだけ過激!

誰ですか!もうページを閉じようとしてるのは!せっかく作ったのだから見てくださいよ。
でもこの方法、私「過去に30回」くらいは実践しましたが失敗は一度のみ!そういった意味では結構、正攻法かも?意外ですが。

次に「スペシャルテク1」