腕時計のメタルバンド・ベルト交換/取り付け方

腕時計メタルバンド交換バネ棒の片方を合わせて 腕時計メタルバンド交換片方をケースに乗せて
取り付け方ですが、これもバネ棒で固定されており、革バンドと方法は同じです。
まずはバネ棒の片方を穴に差し込んでから。
バネ棒の片方をケースの上に乗せて、親指で軽くベルトを下に押さえます。
腕時計メタルバンド交換取り付け

拡大するとこの状態ですね。
腕時計メタルバンド交換バネ棒入れ

この様にドライバーの先端で滑り込ませます。
これも右手の指先を腕時計のケースに添えている所がポイントです。
外す時と違って繊細な動きですから右手が固定されていないと作業が難しくなります。
また取り付けの場合は”指を工具で突く”危険が伴います。

腕時計メタルバンド交換完了
ハイ!完了ですね。(^_-)-☆これで、メタルバンドの交換の仕方を終了いたします。
ご拝読有り難うございました。m(..)m
待った!
革バンドでも恒例の「どうしても外せない」の解説は無いのですかと質問殺到。
では、次にメタルバンドが

「錆びて外れない!」へ。