腕時計のメタルバンド・ベルト交換/ベルトの選び方2

腕時計メタルバンド交換重要点/幅合わせ

ここでは”ラグ足の突き出たタイプ”で交換時の選び方と注意点です。先ほどのタイプでは、取り付け部が上記写真の形状でした。これは「青い線の幅」の次に「赤い線の幅」が重要と書きました。
腕時計メタルバンド交換幅合わせ

今度は、取り付け部が上記写真の腕時計に既製品のメタルバンドを取り付ける場合です。違いは取り付け部がボックス状になっているか、足が2本出ているかの違いです。先ず、この様に合わせてみると幅は合っています。これなら問題なく付きそうですが、ところがもう一つ重要な注意点があります。
腕時計メタルバンド交換穴の位置

上記写真です。何が問題なのかと思われるでしょうが、このバネ棒が入る穴の位置にあります。
腕時計メタルバンド交換穴位置の比較

このように2つの腕時計を合わせてみます。ラグ部の先端を定規に当て、線引きすると右側の腕時計は明らかに「1mm」は穴の位置が奥にあります。これに何の問題があるのかというと。この穴が奥のタイプ(右側)に、上記写真のベルトを取り付けると。
腕時計メタルバンド交換こうなります

こうなります。 これの何処が問題かというと。

腕時計メタルバンド交換こうは出来ない
ベルトをこの状態(腕時計とベルトが一直線上)に出来ないのです。何故かと言えば。
腕時計メタルバンド交換理由/横からの図

この状態(腕時計のケースとベルトが”90°”)では「穴の位置」と「バネ棒の位置」が、なんとか合致いたします。

腕時計メタルバンド交換出来ない理由/正面図

しかしベルトを腕時計が一直線上になる状態に伸ばすと、写真のようにベルトの出っ張りの「青い○部分」がケースに当たります。写真で言うと本来は赤いバネ棒が緑の穴に入ります。しかし、青い○部分がケースに当たってしまってバネ棒を入れる穴に届かない為です。よって。幅だけを測って注文するのではなく。一度、バネ棒が入る「穴」の位置も確認してください。既製品に交換する為には穴の位置が外側に無いと難しくなります。

実際の例を紹介していますので参考。腕時計ベルト交換実践例/SEIKO9020-5300メンズ1で。

これはプラスチックケースの腕時計ですが、このタイプの場合はバネ棒の入る穴が、かなり奥にありますから、ベルト交換は難しくなります。

この構造が写真の様にベルトとケースに一体感を出す仕掛けです。こういったダイバータイプの腕時計なら「ラグ幅」が20mmくらいあります。よって上記写真の青い○の、出っ張りは関係なくラグ幅内に収まる訳です。

次はメタルバンド「金色のベルト」への交換注意点。