腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル→メタルバンド

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックルベルト

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル→メタルバンドに交換してみます。元は型押しワニのDバックルタイプですが、夏場汗が染み込んで”臭う”のが気になって嫌だそうです。これは有る意味高級な革ベルトが付いている証拠なのです。何故かと言えば市販の腕時計でも定価が10万円くらいの腕時計ではベルトの裏側までが”本革”の物は使われません。

ベルトの裏側までが本革と言うことは、本来は毎日手入れをしないといけません。靴もバッグもですが本革製品は高いですがメンテナンスが必要な訳です。それはさておき。メタルバンドに交換です。

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル文字盤腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックルケースサイド

FENDIのクロノグラフですから値段もそこそこはします。高額商品だけに腕時計本体の重量もありますから革ベルトもかなり厚みのあるものが取り付けられています。重量のある腕時計に薄い革ベルトを付けたら腕にはめたときに重く感じます。ブランドウォッチですからその当たりもちゃんと計算されて装着するベルトも付けられる訳です。

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックルケースサイドロゴ腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックルバックル

ケースサイドにはロゴが刻印されています。バックルも無垢バックル。薄い革ベルトには似合わない重厚なものです。

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックルラグ部腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル候補1

さて先ずは革ベルトを外しますとこの様な状態です。ラグ足が2本突き出たタイプと同じ感覚で良いでしょう。ご自分で選ばれたのはこのタイプのメタルバンドです。

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル候補1バックル腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル候補1ベルト裏側

三つ折れプッシュバックルです。しかし、この様な板巻きベルトですから軽い。重厚な腕時計に、この軽いメタルバンドでは重く感じます。

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックルラグ部合わせ腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル候補2

また、取り付け部がストレートで本体幅が狭いですから、いくらフィット管で調整しても腕時計とベルトのバランスが取れません。では板巻きベルトでは無い”無垢バンド”です。これなら重量のバランスが取れます。

腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックルベルト裏側腕時計ベルト交換実践例/FENDI-Dバックル候補2ラグ部合わせ

裏側から見れば無垢バンドであるのが良く分かります。しかし、これもストレートなベルトですからラグ部はフィット管で調整しても似合いません。もっとも、腕にはめられたらそれで良いので”何でも構わない”場合はこれでもOKです。

では、どの様なベルトならピッタシくるのか?それは次のページFENDI-Dバックル→メタルバンド2でどうぞ