腕時計ベルト交換実践例/弓環時計バンド交換2

casio-diver

ダイバータイプで弓環バンドの交換例を紹介いたしましょう。

回転ベゼルにカーブガラス、雰囲気は本格的ダイバー。

裏蓋にも「Air Diver」の記載と電池交換時期を刻印する目盛があります。

こういった雰囲気の腕時計にこの既製バンドではあまりにも不似合い。

ステンレス無垢バンドに三つ折れ5連のダブルロック。これがダイバーウォッチにはピッタシ。

弓環バンドですからこういった形状になっています。

弓環をあてがってみますと。

おや!弓環が1mm広い・・・これは削るしかありません。薄いとはゆえ金属を1mm削る訳ですから15分は掛かります。

ハイ、削りました。これを2006年5月28日、そう店じまいセールの最終日にやってる訳でして、パートおばちゃんが「何でこんなややこしい日に、ややこしいベルト交換受けるの!」と怒ってましたが(;^_^A。

サイトネタの為ならやっちゃいます。

裏側も合わせてみます。

ハイ、取り付け完了。店じまいセール中でしたから紅白の幕が映ってまね。

といっても既製品ですから角度によっては隙が出来たりします。

でも、これよりは断然良くなりました。

「実際のメタルバンド交換例」トップに戻る。

「腕時計のメタルバンド・ベルト交換/弓環とは(ゆみかん)タイプ」です。