腕時計ベルト交換実践例/milaschon7630

mila schonの革ベルトをメタルバンドに交換依頼です。 何でも犬に噛まれたので噛まれても千切れない物という事ですから。

ステンレス無垢バンドになります。

”ベルト本体は4ミリで12ミリのフィット管と13ミリの弓環付き”の意味です。

ラグ幅は12ミリ。

外から突けるタイプですから外しやすい。噛まれてボロボロですね(;^_^A

これが”本体幅4ミリ”の箇所。

弓環とは(ゆみかん)も付いていてこの幅が13ミリです。

ラグ部12ミリですから1ミリ大きい。どうしても付けたい場合はこの金属を両サイド0.5ミリずつ削れば取り付ける事は出来ます。(カーブが合えばですが)

こちら12ミリフィット管でいきます。

ここにフィット管取り付け。

こうやって滑らせます。あまり緩い場合はパイプを締めてから差し込みですね。

こんな感じになります。

あとはベルト調整をします、割ピン式ですね。

ハイ取り付け完了。金色の腕時計にコンビのバンドですが意外にピッタシきます。このフィット管の部分に銀色を使うと全く似合いませんか。

腕時計ベルト交換実践例 トップに戻る