腕時計ベルト・バンド調整と交換修理/三つ折れプッシュバックルとは

腕時計のバックルについて分かりやすい様に、もう一度「三つ折れ一覧」を
載せておきまして次に「プッシュ式バックル」の解説を。


時計のバックル「三つ折れプッシュ式」見ればお分かりと思いますが、構造は「三つ折れ」
プッシュ式はその中の一種となる位置づけです。
一般的には「ワンプッシュタイプ」とも呼ばれていますが
ようは今も言った「三つ折れ式」です。
ただ違うところは金具の両サイドにプッシュボタンがあります。下記写真。

腕時計ベルト調整三つ折れバックルプッシュバックル

腕時計をはめる時は普通の三つ折れ式、同様に金具を押さえ込むだけです。
外す時は普通の三つ折れ式のように爪で力任せに引いても開かないのです。
上記写真の○のボタンをプッシュすることによって(親指と人差し指で挟んで引く
簡単に外れます。

構造は写真の「○の箇所」。右の(○)突起が左の○位置に収まるようになっています。
この突起部分には戻りが付いています。
よって外す時はプッシュボタンを押して「○」位置の扉を開かないと
外れない構造となっています。
さて次は「スライドバックルとは」へ。
以下は「コラム」ですからご興味のある方はどうぞ!

 


ちょっとコラム

プッシュ式が考案されたのは「爪に優しい設計」って理由からです。
女性用の腕時計では人気絶大だったのをきっかけに1998年頃からメンズ腕時計にも
標準で装備されるように成って来たという経緯があります。
1998といえばあの一世を風靡した「Windows98」。俗名「98(きゅうはち)」。
この頃からOSに「TCP/IP」が標準装備されてインターネットへの接続がOSレベルで実装されて来た頃でした。そのお陰でインターネットへのアクセスに特別なアプリをインストールすことなくOSの設定のみになったのですね〜。それによってインターネットが一挙に普及したようです。米軍の閉鎖ネットワーク「アーパネット」から約10年。このわずかな期間で今のインターネットになった訳ですから凄い躍進ぶり!。それとワンプッシュは何の関係もない話ですね・・・(;^_^A

次は「スライド式バックル」ですが、ここで「三つ折れ式バックル」でも、ちょっと変わったものを紹介しましょう。興味のある方は三つ折れスライドとはへ。