腕時計ベルト・バンド調整と交換修理/スライドの調整方法

腕時計のベルト調整でも今では過去の遺物と化した「スライド式」ですね。
このタイプ最近めっきり減りましたが。
その理由は(こちらに)記したので興味のある方は読んで見てください。
では、その「スライドタイプの調整方法」について解説しましょう。
まず下記写真からご覧ください。

腕時計ベルト調整スライドベルト

こういったバックルの金具が小さい所が特徴。

腕時計ベルト調整スライドバックル

まずは、このようにバックルを起こします。

すると簡単に外れます。先に紹介した「三つ折れ」と違うところは
バックルを外しても「輪」なっていないタイプです。
またバックルが小さいので腕の細い方が着けてもバックル部が
腕の「くるぶし」に当たる事もなく好評であったのです。

ボクなどは小さい頃には無かったタイプなので、
このタイプが出て来た時は物珍しくスライド式は良く交換して楽しんだものです。
腕時計を外して机の上に置くときに「輪」の状態で横向けに置くのではなく
ベルトを伸ばして平たくおける事がお気に入りだったのです。
そんな思いを持ったのはこの私だけか?。
さてベルト調整ですが、まずは下記写真の様にバックルを外します。

腕時計ベルト調整スライドバックル外した所

腕時計ベルト調整スライドバックル外し方1

次は上記写真の様にドライバー差し込んでから(テコの原理で)ドライバーの
持つ所を押し下げます。
ドライバーでも刃先に厚みの有る物は滑ってしまう。
すると差し込んでいるところが抜けてしまいます。
かといって刃先が薄過ぎてはドライバーが曲がってしまうのも困りもの。

意外に良いのが女性のヘアピンくらいの物が使いやすいですね。
そして上記写真位置まで起こせばロックが解除されます。ここで注意が必要!。

腕時計ベルト調整スライドバックルいけない外し方

上記写真の様に、間違ってもこの向きでドラーバーを差し込んではダメです!
写真にも書いてありますが、肝心のバックルを引っかける棒を曲げてしまいます。
この部分はバネ棒とかではなく。「普通の棒」ですから曲げてしまった場合。
この「棒のみ」の交換は出来ない箇所ですから注意です。
曲げた瞬間、このベルトは廃棄ですよ!

しかし腕時計メーカーの商品であれば、この金具部分のみ部品で注文は出来きます。
しかし。このスライド式=古い腕時計です。
よって腕時計メーカーのパーツのストックは「10年」。
おそらくパーツとして在庫の期待は出来ないです。そうなると諦めるしかないのか?。

ところが、そうでもないのです。腕時計メーカーに送って「ベルトの修理扱い」なら
「代換え品」を探してはくれます。
しかし、あくまでも「修理扱い」なのです。
ベルトとはゆえ腕時計メーカーが「修理扱い」すると
費用は¥5.000〜¥7.000は請求される事を覚悟しないといけません!(☆。☆)

昔なら、この金具のパーツが在庫で有る場合は¥1.000くらいの物でありました。
最近、何処の企業でも各部署で独立採算、実績主義とはゆえ・・・ちょっとメーカーさん暴利でありすぎないか?

腕時計ベルト調整スライドバックルここまで起こす

腕時計ベルト調整スライド調整準備

後は、この状態まで起こせば、この銀色の部分が自由にスライドします。
それでこの方式が「スライド式」と呼ぶのがご理解頂けたでしょうか。
後は任意の位置で固定すれば完了ですね。固定の仕方及び注意事項は下記「写真-B8」。

注意点は上記写真にも記載しましたが、スライドする金具の「○印の凹」の部分と。
ベルトの「□部分(溝)」の部分を合わせることくらいで実に簡単!。
ただ簡単なのは、難なくスライドして固定が出来た時ですが。
初心者が良くやるミスは下の状態です。

腕時計ベルト調整スライドバックルが抜けたら

何がミスだ?抜けただけではないのか?と思われるでしょう。
その通りなのです抜けただけ。ただ以外に抜けると今度は入らないのです。
また入ったとしても金具を固定した積もりがスライドしてしまう事も。
何故そうなるのか?安心してください、差し込む箇所さえ間違わなければ問題はないです。

腕時計ベルト調整スライド差し込み口

それは上記写真の様に、ベルトを通すところを間違わなければ大丈夫。

「押さえ込む金具」の間に薄い「金属板」が装着してあります。
下の写真でも分かりますが、丁度○印の下に「薄い板」、
その下をベルトが通っているのが確認出来ると思います。

ここにさえ通せば、あとは起こした金具を元のように戻すだけですね。
ただ50%は指で押さえれば簡単に閉まりますが。
中には指の力で閉まらない場合があります。それにはちょっとコツが必要です。

ベルトスライド固定不完全

上記写真の様に、この状態でも金具は動かないので閉まったように感じます。
しかし そうではないのです。このままでは使用中に突然外れてしまいます。
○印のところに隙がるのが分かり頂けます?。
ここからが、なかなか指で押さえきれない物が多いのです。その場合

腕時計ベルト調整スライドバックル押し込み方

こうやって押さえるのですが、これは時計用のハンマーの柄の部分で押さえています。
ドライバーでも良いのですが、やはりベルトにキズがついてしまいます。
こういった木製の物の方が滑りにくくキズもつけずに押さえ易いですね。

それに、この柄の太さが重要です。ドライバーの先端でも押さえ込む事は出来ます。
しかし、先にも言ったキズがつくならまだしも、押さえる面積が小さい物では
金具を変形させてしまう危険大!
かといってあまり大き過ぎると今度は、引っ掛ける「棒」を曲げてしましますね。

腕時計ベルト調整スライドバックル完成図

ここまでキチンと閉まれば完了!
こういったドライバーや金槌は今や楽天などで安心して購入出来ます。

 

同じスライドバックルでも「セイコー独自」の物もあります。ここでちょっと「スライド」でも変わった物を紹介!「三つ折れスライドとは」これは特殊な「スライド」ですが、今はCITIZENだけの方式なので仮に「シチズン式」とでも言っておきましょう。次は

「腕時計ベルト調整/Cリングの調整方法」へ。